退職金

退職金だけで生活は出来ない

今、日本において問題になってきているのが「貧困高齢者」の問題です。日本において最もお金を持っているはずの層である高齢者層に、貧困問題を抱えている人が大勢居ます。この問題の根底にあるのは、日本において長らく「自分で自分の老後のための資金を形成する」という考え方が浸透してこなかった事が大きいでしょう。老後は年金と退職金だけで生活をしていく、と考えている人も多いのではないでしょうか。それだけでは、お金が足りない時代が到来しつつあります。 年金が抱える問題であるのが「空白の5年間」です。多くの企業における退職年齢は60歳ですが、公的年金の支払い開始年齢は65歳となっています。そのため、この5年間については自分の資金によって生活をしなければなりません。これで頼みの綱である退職金が目減りしてしまうわけです。 もう1つの問題は「長生きリスク」です。できれば考えたくないことですが、長生きをしてしまうことによって却ってお金の問題が発生するということがよく有ります。 この2つについて考えるためには、やはり現役時代から投資などに親しみ、資産運用と資産形成について学ぶ事が重要になります。学べば学ぶ程、自分の老後資金の問題が浮かび上がってきます。

Posted in 退職金 | コメントする