投資・財テク

老後の安心をつくる確定拠出年金とは

老後は多くの生活資金が必要になるといわれています。しかし、日本では少子高齢化が進んでいるため、老後の生活においてはゆとりある生活とはならないといわれています。そのことから、自分で満足できるような年金づくりを行なう必要があるのですが、低金利で安定した資金づくりができない日本では、銀行預金などよりも私的年金の活用が行われるようになっています。 私的年金は、今後、足りなくなってしまう公的年金を補う方法として注目されるようになっていますが、この方法では、費用負担することなく、資金づくりができるといった方法が活用されるようになっています。 たとえば、日本では、企業が行なう企業年金があります。企業年金では、最近の年金改革によって確定拠出年金として整理されるようになったことから、企業に勤める人にとっては老後の年金不安を解消する方法として活用されるようになっています。 確定拠出年金では、企業が独自で行なってきた企業年金を統一することによって転職しても安心が得られるようになりました。また、この制度によって多くの企業が従業員の福利厚生として導入するようになり、老後の年金不安を解決する方法として活用されるようになっています

Posted in 投資・財テク | コメントする

安定した資産づくりができるようになる賃貸経営

会社を退職してから老後の生活費は結構かかるものです。この資金は年金に頼るといった人が多くなりますが、今後、年金問題が上がるようになった日本では、老後の生活不安が高まるようになっているといってよいでしょう。 これから日本では、公的年金支給額が減るようになり、支給年齢についても上がるようになることから、老後の生活においてはゆとりができなくなっているといわれています。老後の生活にゆとりをもつためには、足りなくなってしまう公的年金を補うような資金づくりが必要となるため、今からしっかりと資金づくりを行なう必要があるとされています。そのことから、最近は、投資への関心が高まるようになっているのです。 投資では効率よく資金を稼ぐといったことができるようになります。しかし、投資リスクが高いことが問題とされるようになっていることから、不動産投資が行わるようになっています。 不動産投資はバブル時代によく行われていた方法ですが、今で売買によって利益を上がる方法ではなく、賃貸によって収益を上げる方法が注目されています。賃貸経営では、家賃収入による安定した資金づくりができるようになります。賃貸経営では、安定した資産づくりができるようになるため、今後、老後の生活に安心を作ることができるといわれています。 退職金の運用は、フィンテックで

Posted in 投資・財テク | コメントする

401kで投資信託を買うメリット

401kを採用する・検討している企業が増えており、2013年の段階で国内でも400万人を越える方々が資産運用をするようになりました。しかし、401kがスタートしたものの、運用方法や仕組み自体がよくわからないので手を付けていないという方もいらっしゃるようです。仮に毎月1万円ずつ会社から掛け金を支給されていたとしても、0.5%の定期預金で運用していたとしても新卒〜定年退職までの38年間で502万円しか増えません。しかし、投資信託を組み入れて年利4%で運用したとしたら1068万円まで増やすことができます。これを見てわかるように、せっかく401kという制度があるなら利用しない手はありません。 もし、よくわからないということであれば、投資信託を買ってから放置するようにしましょう。できれば投資信託も利回りの良い株式投資信託が良いでしょう。国内の株式に関しては短いスパンで考えると価格が上下するので不安定ですが、経済が成長するとその分が利益として返ってくる上にインフレにも強く、将来的にも値上がりが期待できます。 また、401kで投資信託を買うと運用益が非課税となり税制面でもメリットがあり、非常に有利です。 老後の生活資金準備については401kも重要です。401kの概要はこちらでチェック!分かりやすくてお勧めのコンテンツです。

Posted in 投資・財テク | コメントする

ミドルリスクミドルリターン?不動産投資とは

投資には株や債券、投資信託やFXなど様々な商品があります。ハイリスクハイリターンのものから、ローリスクローリターンのものまでたくさんありますが、高いか低いかという二元論だけでなく、その中間をいく商品があることをご存知ですか? 中間のリスクとリターン、つまりミドルリスクミドルリータンの投資商品として「不動産投資」と呼ばれるものがあります。 不動産投資とは、土地やマンションなどを購入し、それを貸したり売ったりすることで利益を得る投資手法です。 多く分けて二種類あるのですが、一つはマンションなどの一室を購入し、それを貸すことによって賃料を得る「インカムゲイン」と呼ばれるもの。もう一つは購入した金額より高い金額で売却し、その差益を得る「キャピタルゲイン」と呼ばれるものです。 不動産投資の特徴として、物的リスクがあります。例えば貸しているマンションで入居者が自殺をしたり、火事をおこしてしまったり、地震で倒壊してしまったりなどといったリスクです。 金銭的なリスクのみならず、物的リスクがあることからミドルリスクと呼ばれるのかも知れません。 一方で賃料や差益などで確実な利益を得ることも出来ます。これが不動産投資と呼ばれるものです。 もっと詳しく不動産投資について知りたい方は以下の記事がオススメ!不動産投資を行う際に知っておきたいリスク

Posted in 投資・財テク | コメントする