2015 5月

老後の安心をつくる確定拠出年金とは

老後は多くの生活資金が必要になるといわれています。しかし、日本では少子高齢化が進んでいるため、老後の生活においてはゆとりある生活とはならないといわれています。そのことから、自分で満足できるような年金づくりを行なう必要があるのですが、低金利で安定した資金づくりができない日本では、銀行預金などよりも私的年金の活用が行われるようになっています。 私的年金は、今後、足りなくなってしまう公的年金を補う方法として注目されるようになっていますが、この方法では、費用負担することなく、資金づくりができるといった方法が活用されるようになっています。 たとえば、日本では、企業が行なう企業年金があります。企業年金では、最近の年金改革によって確定拠出年金として整理されるようになったことから、企業に勤める人にとっては老後の年金不安を解消する方法として活用されるようになっています。 確定拠出年金では、企業が独自で行なってきた企業年金を統一することによって転職しても安心が得られるようになりました。また、この制度によって多くの企業が従業員の福利厚生として導入するようになり、老後の年金不安を解決する方法として活用されるようになっています

Posted in 投資・財テク | コメントする