様々な影響を受けにくい年金制度

皆さんは公的年金についてどのようにお考えでしょうか?おそらく多くの人が、「義務だから仕方なく払っている(給料から天引されているから仕方なく払っている)」けれど「それほど期待していない」のではないでしょうか。現在、残念なことに公的年金というのはそれほど信頼をおけるものではなくなってしまっていると言わざるを得ません。

それにはいくつかの原因があるでしょう。数年前に発生した消えた年金問題によって政府の対応に猜疑心を抱いてしまった人もいらっしゃることと思います。それとは別に、少子高齢化の影響によって今後の年金システムの破綻を心配しているという人も多いことでしょう。

破綻はさせない、と言っていますが、それでも今後受給額が減っていくといった不利益が発生することは想像に難くありません。そうなった時のために、自分の老後のための資金は自分で用意しておくことがとても重要になってくるのです。

そのための方法の一つとして、401kという制度があります。401kは確定拠出年金とも呼ばれている制度であり、公的年金とは別に年金を積み立てていくことが出来るというものです。支払った保険料は自分のためだけに利用されるため、政府の影響や人口動向に影響を受けません。

知って得するマメ知識は以下をクリック!
課税繰り延べのメリットについてはこちらから

Posted in 保険関連


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>