401kで投資信託を買うメリット

401kを採用する・検討している企業が増えており、2013年の段階で国内でも400万人を越える方々が資産運用をするようになりました。しかし、401kがスタートしたものの、運用方法や仕組み自体がよくわからないので手を付けていないという方もいらっしゃるようです。仮に毎月1万円ずつ会社から掛け金を支給されていたとしても、0.5%の定期預金で運用していたとしても新卒〜定年退職までの38年間で502万円しか増えません。しかし、投資信託を組み入れて年利4%で運用したとしたら1068万円まで増やすことができます。これを見てわかるように、せっかく401kという制度があるなら利用しない手はありません。

もし、よくわからないということであれば、投資信託を買ってから放置するようにしましょう。できれば投資信託も利回りの良い株式投資信託が良いでしょう。国内の株式に関しては短いスパンで考えると価格が上下するので不安定ですが、経済が成長するとその分が利益として返ってくる上にインフレにも強く、将来的にも値上がりが期待できます。

また、401kで投資信託を買うと運用益が非課税となり税制面でもメリットがあり、非常に有利です。

老後の生活資金準備については401kも重要です。
401kの概要はこちらでチェック!
分かりやすくてお勧めのコンテンツです。

Posted in 投資・財テク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>